元禄14年の洪水

災害年月日
1701年09月19日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
元禄14年(1701)8月17日~18日、洪水のため瀬津の下々の田畑は埋まり、土砂や立木が流れ、一門屋で川をせき止めたため、瀬津の瀬にあった家は浮き、戸越山の神の森まで上がったといわれる。また、府殿平から細根下の住民は家財を捨てて樫原に逃げた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、391頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 瀬津 一門屋 せき止め 戸越山
NO.
徳島2973

よく似た災害

元禄14年の洪水

元禄14年(1701)8月17日~18日、洪水のため瀬津の下々の田畑は埋まり、土砂や立木が流れ、一門屋で川をせき止めたため、瀬津の瀬にあった家は浮き、... 続きを読む

天明7年の長雨

天明7年(1787)3月より雨が降り出し、5月22日までの長雨で麦が腐り、川内村では反当たり5斗3升しかとれなかったといわれる。 続きを読む

天保9年の風雨

天保9年(1838)、田野々及び八重地で大風雨のため農作物に大被害があり、収穫皆無の土地もあったといわれる。 続きを読む

天保9年の風雨

天保9年(1838)、田野々及び八重地で大風雨のため農作物に大被害があり、収穫皆無の土地もあったといわれる。 続きを読む

治承4年の水争い

治承4年(1180)夏、池田庄の名主公文源治と肥土庄の神人花安男との間で、梳原で用水をめぐって論争が起こり、花安男が殺される事件となった。これにより、... 続きを読む