元禄15年の洪水

災害年月日
1702年08月20日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
元禄15年(1702)7月27日~28日、大雨により水害。また、8月27日~29日、豪雨がやまず、旭川が氾濫し、栗平方面、宮床、影日浦が悉く決壊、流失し、川原にようになったところもあった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、391頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 旭川 栗平 宮床 影日浦
NO.
徳島2974

よく似た災害

元禄15年の洪水

元禄15年(1702)7月27日~28日、大雨により水害。また、8月27日~29日、豪雨がやまず、旭川が氾濫し、栗平方面、宮床、影日浦が悉く決壊、流失... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風。県内の雨は7日夜から本降りとなり、8日、9日とも300ミリに達したところもあり、11日の早朝でほとんど... 続きを読む

明治36年の地震

明治36年(1903)3月21日、伊予灘を震源とする地震により、大洲町近傍では器物が倒壊し、山頂から岩石崩壊して道路を埋めたところもあった。数回の余震... 続きを読む

大正10年の長雨

大正10年(1921)6月4日に始まった雨は7日にあがり、9日から再び降り出して7月2日までほとんど連続した。高知付近では降雨日数が28日になったとこ... 続きを読む

明治36年の地震

明治36年(1903)3月21日、周防灘を震源とする地震により、大洲町近傍ではすわりの悪い器物が倒伏し、山頂から岩石崩壊して道路を埋めたところもあった... 続きを読む