寛政元年の地震

災害年月日
1789年05月10日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
寛政元年(1789)4月16日夜九ツ時大地震があった。旭の黒松寺二世粗梁和尚の直筆によると、「山々谷々崩れ、川水3日の間濁り流れ、多くの川ぶち、土手、田地一円に割れ、水1日の間、土路水吹き出し、また瓦葺き家、蔵とも多く乱れるの事知れず、神前石の鳥居を乱し、寺々らん塔は申すに及ばず、先あらましの分、記しおき候」などと記されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、391-392頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 黒松寺 粗梁和尚
NO.
徳島2976

よく似た災害

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜九ツ時、大地震があった。旭の黒松寺二世粗梁和尚の直筆によると、「山々谷々崩れ、川水3日の間濁り流れ、多くの川ぶち、土手... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、徳命の徳元嘉平翁の話によると、西貞方の操芝居を見物に行っていたところ、地震が起こり、芝居の中は大混雑となった。そこから... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震により、人家の傾くもの数知れず。藩では金銭や米穀を出して人々を救った。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」など... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日5ツ時、地震が起こり、5日7ツ時、大地震が起こった。小松の高鴨神社神主鴨重徳の日記には、小松町の恵比須宮の鳥居が倒れ、玉... 続きを読む

嘉永6年の落雷

嘉永6年(1853)5月23日、田野、芝生の7箇所に落雷があり、手島石の鳥居が砕けた。 続きを読む