天保9年の風雨

災害年月日
1838年00月00日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
天保9年(1838)、田野々及び八重地で大風雨のため農作物に大被害があり、収穫皆無の土地もあったといわれる。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、392頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 田野々 八重地
NO.
徳島2977

よく似た災害

天保9年の風雨

天保9年(1838)、田野々及び八重地で大風雨のため農作物に大被害があり、収穫皆無の土地もあったといわれる。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつにより、稲作の収穫が減収し、中には皆無の田地もあった。 続きを読む

天保7年の洪水

天保7年(1836)夏、霖雨が長く続いた後、大出水があり、田畑は流れ、農作物は収穫皆無となった。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつのため、8月に陸軍が200発の実弾射撃をして雨乞い。稲作収穫皆無の田地も多大。 続きを読む

天保9年の風水害

天保9年(1838)7月21日~26日、風水害、収穫皆無。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む