天保14年の洪水

災害年月日
1843年08月02日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
天保14年(1843)7月7日、大洪水により勝浦川が大氾濫した。「七夕水」と呼ばれた。下流の沼江、中角、今山はもちろん、宮井では井関がつぶれ、本庄では丈六寺山門の下手の土手が破堤し、大災害を受けた。(「勝浦郡志」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、392頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 勝浦川 七夕水
NO.
徳島2979

よく似た災害

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月7日、大洪水により勝浦川が大氾濫した。「七夕水」と呼ばれた。下流の沼江、中角、今山はもちろん、宮井では井関がつぶれ、本庄では... 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日~6日、昼夜の大降雨により、7日吉野川は大洪水となり(「七夕水」と呼んだ)、特に板野郡では50年来の大水となり流家多し。... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、暴風雨により川窪の家がつぶれ、府殿の3戸の屋根がいたみ、野尻で1戸つぶれた。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、暴風雨により川窪の家がつぶれ、府殿の3戸の屋根がいたみ、野尻で1戸つぶれた。 続きを読む

天保6年の洪水

天保6年(1835)閏7月6日、大水、大風により井関が大きな被害を受けた。(「世用日記」、「新井来助日記」による) 続きを読む