安政4年の洪水

災害年月日
1857年08月20日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
安政4年(1857)7月1日、大洪水により勝浦川上流の各村は大きな被害を受けた。田野々村では、居宅・納屋の全壊8棟、半壊30棟、稲の被害3割、山畑5割、立木の被害2割であった。(「旭文書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、392頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 勝浦川
NO.
徳島2982

よく似た災害

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月1日、大洪水により勝浦川上流の各村は大きな被害を受けた。田野々村では、居宅・納屋の全壊8棟、半壊30棟、稲の被害3割、山畑5割... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日から暴風雨となり、8月1日には堤防が決壊して、新田地帯は一面が海のようになった。住吉新田では居宅倒壊8軒、納屋倒壊18軒... 続きを読む

安政4年の台風

安政4年(1857)7月1日、大暴風雨。名東郡では早渕、府中、和田、矢野、延命の5か村で700石余御損亡、潰家94戸、半壊28戸、潰納屋39戸、半壊納... 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月23日御前1時頃より、暴風と大雨が激しくなり、園瀬川及び鮎喰川の流域では堤防決壊等により、一宮村では居宅潰倒3戸、半倒3戸、... 続きを読む

安政4年の台風

安政4年(1857)7月1日朝六ツ時頃より大風雨となり、平石村では居宅、納屋合わせて46軒が潰家となった。 続きを読む