明治19年の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月10日、暴風雨により川窪の家がつぶれ、府殿の3戸の屋根がいたみ、野尻で1戸つぶれた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、392頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島2984

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、暴風雨により川窪の家がつぶれ、府殿の3戸の屋根がいたみ、野尻で1戸つぶれた。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日暁、暴風雨により瀬津の名氏神社の屋根が飛び、山伏嶽大師堂がいたんだ。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日暁、暴風雨により瀬津の名氏神社の屋根が飛び、山伏嶽大師堂がいたんだ。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)、大時化により、津寺大師堂の屋根が飛ばされた。写真1枚。 続きを読む

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、大風雨により高松城内殿様の御居間の屋根が吹き飛ばされた。 続きを読む