大正4年の台風

災害年月日
1915年09月08日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
大正4年(1915)9月8日、瀬津では東風雨が激しくなり、水は8尺増し、稲が全部白穂と化した。50年来の大風害となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、394頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 瀬津
NO.
徳島2989

よく似た災害

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、瀬津では東風雨が激しくなり、水は8尺増し、稲が全部白穂と化した。50年来の大風害となった。 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、暴風雨により稲が白穂と化した。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、暴風雨により、生比奈・棚野両村全域で稲作が白穂と化した。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

天保6年の風雨

天保6年(1835)夏秋の頃、雨甚だしく、210日は東の大風が吹き荒れ、後になって西風となり吹き返し、稲毛は全部白穂になって収穫皆無となった所が多かっ... 続きを読む

天保6年の風雨

天保6年(1835)夏秋の頃、霖雨甚だしく、二百十日は東の風大いに吹き荒れ、後になって西風となり吹き返し、そのため稲毛全部白穂となる。 続きを読む