昭和16年の台風

災害年月日
1941年00月00日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
昭和16年(1941)、旭では台風により神田大橋の吊線切断され、木造部分が流失した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、394頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 神田大橋
NO.
徳島2992

よく似た災害

昭和16年の台風

昭和16年(1941)、旭では台風により神田大橋の吊線切断され、木造部分が流失した。 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、旭では台風により旭川が大洪水となり、神田大橋が流失した。また、生実では川北の家屋が流失し、地盤被害等が出た。 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、旭では台風により旭川が大洪水となり、神田大橋が流失した。また、生実では川北の家屋が流失し、地盤被害等が出た。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日~18日、枕崎台風により、多くの屋根瓦が吹き飛ばされ、壁土が落ちた。広見川、三間川は氾濫し、田畑に多くの被害が出た。広... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月、台風12号は瞬間最大風速35m、降雨量600ミリに達し、永瀬ダム以東では橋が流失した。大栃~別府間32kmの森林軌道と物資... 続きを読む