昭和17年の大火

災害年月日
1942年11月05日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
火災  
概要
昭和17年(1942)11月5日、神田地区で未曾有の大火が発生し、火勢が西に流れ、民家に類焼して5戸11棟を全焼した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、394頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 神田
NO.
徳島2993

よく似た災害

昭和17年の大火

昭和17年(1942)11月5日、神田地区で未曾有の大火が発生し、火勢が西に流れ、民家に類焼して5戸11棟を全焼した。 続きを読む

昭和18年の火災

昭和18年(1943)2月17日、神田地区の東部より出火し、火勢は東に流れ、民家に類焼し、家屋7棟が全焼した。 続きを読む

昭和18年の火災

昭和18年(1943)2月17日、神田地区の東部より出火し、火勢は東に流れ、民家に類焼し、家屋7棟が全焼した。 続きを読む

昭和40年の大火

昭和40年(1965)1月10日午前4時40分頃、新町の民家から出火し、戦前・戦後を通じて最大の大火事となった。約10mの北東の強風のため、火は付近一... 続きを読む

大正7年の大火

大正7年(1918)1月12日午前2時、馬場から出火し、近隣に類焼して7戸が全焼し、午前7時に鎮火した。原因は提灯の火であったと言われている。地元はも... 続きを読む