宝永4年の地震

災害年月日
1707年00月00日
市町村
香川県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)、地震が発生し、津波が襲来した。香川県では平日より潮位が5~6尺(1.5~1.8m)高く、堤防が崩れ、田畑や家を洗った。
Googleマップ
参考文献
村上仁士・中野晋・上月康則「南海地震による津波被害」(土木学会四国支部四国ブロック南海地震研究委員会編「南海地震研究 第1巻」2005年)、88頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 津波 堤防崩壊
NO.
香川146

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時頃)、M8.6の地震が発生した。この論文では、宝永地震による高松藩の被害状況を示す史料をもとに、五剣山の崩... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震と津波。立田上咥内(かみこうない)あたりの物部川堤防が切れ、田畑は荒れ地になった。前浜の東、切戸を津波が押し切っ... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)、関東を中心に地震が起こり、その後富士山の噴火が始まり、さらに西に移動したようである。讃岐では五剣山の一峰が崩れ、丸亀藩では詫間塩... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日申の中刻、紀伊水道南方でM8.4の巨大地震が発生し、津波を引き起こした。西宇和郡の被害については記録がないが、「愛媛県管... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震、津波が起こった。夜須地方の被害は激甚であり、常住寺の住職頼秀が物語った「大地震の大変記」によると、4日四ツ時(午... 続きを読む