安政元年の大坪切れ

災害年月日
1854年00月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
安政元年(1854)、大洪水により園瀬川筋大坪一帯の堤防が破堤し、田の埋没、人家の流失等、未曾有の水害を蒙り、溺死者数知れぬ惨状を呈したと伝えられる。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八万村青年団編「八万村史」(八万村青年団、1935年)、394頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大坪切れ 園瀬川 破堤 死者
NO.
徳島3058

よく似た災害

安政元年の洪水

安政元年(1854)、大洪水により園瀬川筋大坪一帯の堤防が決壊した。田の埋没、人家の流失等、未曾有の水害を蒙り、溺死者数知れぬ惨状を呈した。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、重信川の南堤防が決壊して、拝志村は未曾有の大水害を蒙った。(東温市の水利年表) 続きを読む

寛政4年の大水

寛政4年(1792)7月26日、未曾有の降雨・出水により、13戸の居宅が流失した。(脇家文書「奉申上覚」による) なお、「兵助日記」では、この大水の水... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、大地震により町内の墓地や庚申塔が倒れたと伝えられている。町内の至る所で、山畑の崩壊があったものと思われる。 続きを読む

安政元年の土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震により、虚空蔵山(こくぞうさん)の光岩が裂けたと伝えられている。(「南海大震災誌」による) 続きを読む