明治25年の土用波

災害年月日
1892年07月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
高潮  
概要
明治25年(1892)7月、潮位が自然に高まり、次第に増水し、八万村内東部一帯に浸水し、2日間増水を続けた。北地方面では堤上数尺の増水となり、低地家屋は軒まで浸水し、上荷の舟は堤を越えて田んぼに流れた。潮先は市原付近まで延び、高地及び大坪北西を除いて八万村の大部分の地が湖水と化したが、3日目に減水した。ただし、この土用波は急激でなかったため、人畜の被害はなく、作物の被害も割合少なかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八万村青年団編「八万村史」(八万村青年団、1935年)、395頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高潮 北地 市原 八万 土用波
NO.
徳島3060

よく似た災害

明治25年の土用波

明治25年(1892)7月、潮位が自然に高まり、北地方面では堤上数尺の増水となり、低地家屋は軒まで浸水した。上荷の舟は、堤を越えて田んぼに流れた。潮先... 続きを読む

明治22年の台風

明治22年(1889)8月18日午後6時頃から暴風雨が猛烈になり、翌19日午前7時頃には郡内の諸川は非常に増水し、鮎喰川沿いの一宮村では堤防が決壊し、... 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)8月15日、洪水により、伊野町が湖水と化し、1,123戸が浸水した。伊野町電車地点の道路浸水位5尺(約1.5m)。(仁淀川の主な... 続きを読む

昭和61年9月の土用波

昭和61年(1986)9月26日~27日、日本のはるか南方海上にある台風17号の影響で、沿岸海上では波が高く釣船の転覆事故などが発生した。26日12時... 続きを読む

昭和61年9月の土用波

昭和61年(1986)9月26日~27日、日本のはるか南方海上にある台風17号の影響で、沿岸海上では波が高く釣船の転覆事故などが発生した。26日12時... 続きを読む