明治28年の洪水

災害年月日
1895年08月22日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
明治28年(1895)8月22日、出水により勝浦川筋の下大野堤防2箇所、園瀬川筋の大野堤防3箇所、大山1箇所が破堤した。この出水の際、長谷架橋の仮橋流出の警戒に当たっていた消防手が殉職した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八万村青年団編「八万村史」(八万村青年団、1935年)、395頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 勝浦川 園瀬川 破堤 殉職
NO.
徳島3061

よく似た災害

明治28年の洪水

明治28年(1895)8月22日、出水により園瀬川筋の大野堤防3箇所、犬山1箇所破堤した。 続きを読む

明治33年の洪水

明治33年(1900)、洪水のため園瀬橋の流出を警戒中の消防手が濁流に流されて殉職した。 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)9月8日、出水により園瀬川筋の川南・沖須賀で破堤した。 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)9月7日、洪水により、吉野川・勝浦川の堤防決壊85箇所2,825間。死者19人、うち吉野川で16人、負傷者27人、家屋全壊・流失... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、台風に伴う大雨により、特に新荘川筋の出水は平水より7m余高く、堤防を決壊して田畑、人家を押し流し、上分、新荘地区に大... 続きを読む