大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月、勝浦川筋三軒屋堤が破堤し、下大野、犬山が全部浸水した。
Googleマップ
参考文献
八万村青年団編「八万村史」(八万村青年団、1935年)、396頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 勝浦川 三軒屋 破堤
NO.
徳島3065

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月、勝浦川が増水し、堤上5尺超えた。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

大正元年10月の台風

大正元年(1912)10月2日、暴風雨により勝浦川が増水し、堤下1尺に近づいた。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日、夜来の豪雨により、吉野川をはじめ那賀川、勝浦川は大増水した。(徳島日日新報による)/「板野郡誌」によれば、水かさは田の... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、台風が県南岸をかすめて阪神地区に上陸した。那賀川、吉野川、勝浦川の水位は上昇し、海岸は高潮に見舞われた。 続きを読む

大正元年9月の台風

大正元年(1912)9月22日、暴風雨が二昼夜にわたり、明治22年(1889)以来の勝浦川の増水で、堤上5尺を越えた。(長田八百三氏日記、横瀬町史等に... 続きを読む