昭和3年の山火事

災害年月日
1928年02月22日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
火災  
概要
昭和3年(1928)2月22日、上八万西谷上方の山林より発火し、西北風にあおられ、八万村内や徳島市内の消防だけでなく、遠くは那賀、勝浦郡の消防隊等の応援を得たが、八万村の山林の過半約200町歩を焼失し、翌午前3時にようやく鎮火した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八万村青年団編「八万村史」(八万村青年団、1935年)、396頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事
NO.
徳島3066

よく似た災害

昭和61年の山火事

昭和61年(1986)8月20日午後4時25分、観音寺粟井町奥谷の通称ジャレノ谷付近の山林から出火し、山本町河内の山林延焼した。町消防団、地元住民、豊... 続きを読む

昭和49年の山火事

昭和49年(1974)3月2日14時5分、中田町東山遠見ヶ原付近の山林より出火、約6haの山林に延焼し、一部は徳島地区にも及んだ。全消防団が延9時間に... 続きを読む

昭和53年8月の山火事

昭和53年(1978)8月27日13時30分頃、板野町那東字キビガ谷の雑木林から出火、火は延べ5日間84時間余にわたって燃え続け約110haを焼いた。... 続きを読む

昭和53年8月の山火事

昭和53年(1978)8月27日13時30分頃、板野町那東字キビガ谷の雑木林から出火、火は延べ5日間84時間余にわたって燃え続け約110haを焼いた。... 続きを読む

昭和53年8月の山火事

昭和53年(1978)8月27日13時30分頃、板野町那東字キビガ谷の雑木林から出火、火は延べ5日間84時間余にわたって燃え続け約110haを焼いた。... 続きを読む