天明5年の洪水

災害年月日
1785年08月15日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
天明5年(1785)7月11日昼夜大雨になり、翌12日には各所で堤が切れ、被害が起きた。
Googleマップ
参考文献
川内村編「川内村史」(川内村、1937年)、1273頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 堤防決壊
NO.
徳島3069

よく似た災害

天明8年の暴風

天明8年(1788)6月15日、大暴風により各所で山崩れが起き、前代未聞の大災害が起きた。(横畠山崎家記録による) 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日、大暴風雨のため、夜には60年来の大洪水となり、広見川の堤防は至る所でほとんど破損し、各地に大きな被害が起きた。 続きを読む

天明元年の洪水

天明元年(1781)8月23日、山潮と大洪水により、特に森沢村が大被害。堤防が切れ、人家は残らず押し潰された。被害は森沢村に次いで、深木村、山路村の順... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)、「阿房水」と呼ばれた大水で田浦村で堤が切れ、田浦・前原両村の田畑が土砂で埋まった。(「勝浦郡志」による) 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)、「阿房水」と呼ばれた大水で田浦村で堤が切れ、田浦・前原両村の田畑が土砂で埋まった。(「勝浦郡志」による) 続きを読む