元治元年の台風

災害年月日
1864年09月00日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
風水害  
概要
元治元年(1864)8月、大暴風雨による洪水のため、北方7郡では土佐白髪山をはじめ谷々からの流木が多く、南山より北山一円で地表から1丈以上の出水となった。木津金比羅神社から徳島勢見金刀比羅神社まで海の如く、板野郡では板東以東の萱茅堤防大破、井利の箇所は池となった。(「渭水聞見録」、「蜂須賀家記」、「阿淡年表秘録」、「阿波志」、「板野郡史」、「大津村誌」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鳴門市史編纂委員会編「鳴門市史 上巻」(鳴門市、1976年)、728頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
徳島3142

よく似た災害

元治元年の台風

元治元年(1864)8月、大暴風雨、洪水となり、板野郡では板東以東の刈萱堤防が破堤した。 続きを読む

元治元年の台風

元治元年(1864)8月、大暴風雨、洪水となり、板野郡では板東以東の刈萱堤防が破堤した。 続きを読む

元治元年の風雨・高潮

元治元年(1864)5月21日、大風雨、高潮により、釜屋浦新開水門が切れ、甘藷が潮枯れとなった。 続きを読む

元治元年の干ばつ

元治元年(1864)、旱害。(「田野村誌」等による) 続きを読む

元治元年の風雨

元治元年(1864)5月27日夜より28日にかけて、大風雨。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む