宝暦11年の大火

災害年月日
1761年12月08日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
火災  
概要
宝暦11年(1761)11月13日夜、4軒の家で火災があり、140軒が焼失した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鳴門市史編纂委員会編「鳴門市史 上巻」(鳴門市、1976年)、728頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災
NO.
徳島3145

よく似た災害

宝暦6年の火災

宝暦6年(1756)12月11日夜五ツ時(午後8時)、奈半利浦法恩寺で火事があり、民家30軒が焼失した。 続きを読む

享保3年の大火

享保3年(1718)、宇佐浦で火災が発生し、271軒が焼失した。(「御当家年代略記」による) 続きを読む

貞享元年の大火

貞享元年(1684)、宇佐浦で火災が発生し、144軒が焼失した。(「柏葉日録」、「平尾文庫」による) 続きを読む

貞享2年の大火

貞享2年(1685)、2年続けて宇佐浦で火災が発生し、87軒が焼失した。(「柏葉日録」、「平尾文庫」による) 続きを読む

宝暦14年の大火

宝暦14年(1764)9月24日、白浜で大火、124軒が焼失。この年は佐喜浜浦、羽根浦でも火災あり。 続きを読む