昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸台風は徳島市で中心気圧942.1ミリバール、風速毎秒36.7mを記録し、大津村から鳴門村にかけて時速20kmの早さで北上した。地盤の低い塩田地帯にとって、台風の被害は壊滅的なものであった。徳島地方専売局の被害調査によると、堤防決壊95箇所、延長2,060間、建物損壊130棟、煙突倒壊42本、塩田施設全壊95箇所などで、被害総額は107万7,501円に達した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鳴門市史編纂委員会編「鳴門市史 下巻」(鳴門市、1988年)、149-155頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 塩田
NO.
徳島3149

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風は室戸岬から淡路島、大阪湾をへて近畿地方に上陸した。県下の被害は、死者18人、行方不明1人、負傷者30人、家屋... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日~22日、室戸台風が襲来し、農作物の被害大。(多度津測候所・高松気象台・香川県の調査統計書、誉水村議事録等による) 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風による被害は甚大で、被害箇所は17箇所を数えた。 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)の通過に伴い、徳島県での最低気圧は935.2ミリバールで、徳島地方気象台始まって以来の記録... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸から大阪に向けて室戸台風が通過した。新立村の被害は、死者2人、住宅の全壊7戸、床上浸水20戸、納屋全壊9棟、農地流... 続きを読む