昭和26年のルース台風

災害年月日
1951年10月14日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)10月14日から15日夜にかけて、ルース台風が鹿児島から広島に抜けたたため、鳴門市の塩田は大きな被害を受けた。塩田と濃縮台の被害は、ジェーン台風・キジア台風に比べると少なかったが、塩田防災施設である堤防や樋門の被害が大きかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鳴門市史編纂委員会編「鳴門市史 現代編1」(鳴門市、1999年)、939-940頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
ルース台風 塩田
NO.
徳島3151

よく似た災害

昭和25年のジェーン台風・キジア台風

昭和25年(1950)9月3日のジェーン台風と9月13日のキジア台風により、鳴門市の塩田地帯は大きな被害を受けた。ジェーン台風は、主に北西の強風を伴い... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により、南予では風水害が甚だしかった。また、高潮による沿岸部の被害はかなり大きく、大久地区の納屋数十戸が... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風(台風15号)により、徳島県下の被害は死者10人、家屋全壊350戸、半壊1,390戸、堤防決壊120箇所... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月16日、ルース台風が来襲し、旧塩田南堤防が決壊するなど、被害は甚大であった。 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により、暴風雨、洪水。風の被害が特にひどかった。 続きを読む