明治32年の洪水

災害年月日
1899年07月09日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)7月9日、洪水により撫養町木津・南浜・斎田が浸水し、家具や商品が流出した。翌日、文明橋が中央から陥落した。
Googleマップ
参考文献
鳴門市教組教育会編「鳴門市の姿」(徳島新聞社、1950年)、21頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 撫養 文明橋
NO.
徳島3156

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、吉野川大洪水。この時、麻植郡鴨島町牛島の堤防が決壊し、破堤部から石井町に向けて濁流が押し寄せ、浦庄、高原、高川原などが... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)6月29日から降り出した雨は豪雨となり、30日には吉野川が氾濫、脇町の新馬場から西の助松あたりまでの民家3戸が軒下まで浸水、家族... 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)、出水により、樋門が流出した。 続きを読む

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて、連続40余時間の豪雨により、雨量は平地で300ミリ以上に達し、川・池の堤防は決壊し、濁流水が田畑、家... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)10月1日、吉野川は未曾有の洪水となり、脇町で5戸、岩倉で4戸が流出した。 続きを読む