明治29年の台風

災害年月日
1896年08月18日
市町村
徳島県松茂町
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月18日、暴風雨により大津村9ヶ村で堤防が大破損し、稲作は反当たり9斗1升の凶作となった。
Googleマップ
参考文献
松茂町誌編纂委員会編「松茂町誌 中巻」(松茂町、1976年)、357頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊
NO.
徳島3173

よく似た災害

明治36年の多雨

明治36年(1903)、暖冬の後、3月から5月にかけて多雨が重なり、記録的な麦の凶作となった。また、三化螟虫が大繁殖し、立江、坂野の稲作に被害をもたら... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)、台風、出水が相次ぎ、明治25年以来の凶作となる。 続きを読む

明治32年の台風・低温

明治32年(1899)8月低温・暴風雨、9月低温・多雨、10月低温のため、稀有の凶作となった。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」による)... 続きを読む

享保7年の台風

享保7年(1722)、暴風雨で被害甚大、死者88人に及んだ。翌8年も2年連続の凶作となり、藩士は減俸となった。 続きを読む

天明7年の長雨

天明7年(1787)3月より雨が降り出し、5月22日までの長雨で麦が腐り、川内村では反当たり5斗3升しかとれなかったといわれる。 続きを読む