明治19年の洪水

災害年月日
1886年09月11日
市町村
徳島県板野町
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月11日、吉野川で洪水が発生。下庄で倒壊・流失家屋20戸、半壊14戸、西中富で流失1戸、半壊8戸、古城で半壊4戸、中窪で流失潰家2戸、唐園で半壊3戸など。この年は8月19日、9月28日にも洪水が発生した。(栄村役場「水害に関する書類」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
板野町史編集委員会編「板野町史」(板野町、1971年)、830-831頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 下庄 西中富 古城
NO.
徳島3214

よく似た災害

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月23日、吉野川と宮川内谷川で洪水が発生し、村内で流失・崩壊家屋42軒、破損・浸水家屋510軒、堤防破壊10間、道路破壊407... 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)8月9日、大洪水が発生し、現在の岡地区集会所付近の被害が最も多く、死者15人、家屋流失12棟、田畑流失などの被害が出た。この年が... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)7月9日、吉野川の洪水により、負傷4名、流失・崩壊家屋239戸、破損・浸水家屋2,000戸、堤防欠損2箇所、道路破損200間など... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)、寅年の大水が発生した。この年の大水は嘉永2年の洪水よりも約1尺水嵩が高かった。鯛浜村だけで溺死者が17、18人という。 続きを読む

明治44年8月の洪水

明治44年(1911)8月16日、吉野川の増水2丈1尺となった。このため、浸水被害面積は田30町、畑298町、桑園54町など合計562町に及んだ。また... 続きを読む