昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日早晩、土佐湾沖の南海トラフを震源としたM8.0の大地震が起こり、海岸部を津波が襲った。特に高知県に被害が集中し、死者・行方不明者679人、負傷者1,836人、家屋の全半壊13,853戸、焼失196戸の被害が出た。本書には、高知市、中村市、土佐市宇佐町の被害状況等が写真により紹介されている。
Googleマップ
参考文献
高知新聞社編「南海地震にそなえる」(高知新聞社、1996年)、6-27頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
昭和南海地震 津波 火災 死者 写真
NO.
高知288

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早晩、土佐湾沖の南海トラフを震源としたM8.0の大地震が起こり、海岸部を津波が襲った。特に高知県に被害が集中し、死者... 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日の集中豪雨のため、室生峠が土砂で埋没し、内海町西村地区の各所では山崩れ・地崩れ、安田では三五郎池の決壊等によ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海地震が発生。高知県内で、死者670人、負傷者1,836人、行方不明9人、住宅の全壊4,834戸、半壊9,0... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月20日~21日、室戸台風により、三好郡では死者1人、負傷者3人、行方不明1人、家屋の全壊34戸、半壊40戸、流失4戸、床上浸水... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日の地震により、松山城天守閣の石垣が2箇所ふくらみ、本丸では平野屋根の瓦が落ち、壁にも被害が出た。家中屋敷では全半潰20軒... 続きを読む