慶応2年の洪水

災害年月日
1866年03月24日
市町村
徳島県那賀川流域
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)2月8日、那賀川大洪水、那賀川下流の土手切れる。(「徳島県災異誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 自然環境編」(羽ノ浦町、1996年)、290頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 那賀川 堤防決壊 徳島県災異誌
NO.
徳島3359

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月2日、那賀川で大洪水、那賀川下流の土手切れる。(「徳島県災異誌」による)(那賀川における災害年表) 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月2日、那賀川で大洪水、那賀川下流の土手切れる。(那賀川洪水・災害年表による) 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日より7日間大雨が続き、7日大洪水となる。諸河川氾濫し、農作物及び人畜にも被害甚大。「寅の大水」という。(「徳島県災異誌」、... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月6日、寅の水という。富岡の土手が切れたため、水が大層押しかけて座上3尺になって、皆避難。(「富岡町史」による)(那賀川における... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月6日、寅の水という。富岡の土手が切れたため、水が大層押しかけて座上3尺になって、皆避難。(「富岡町史」による)(那賀川における... 続きを読む