宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県
災害種類
土砂災害  地震・津波  火災  
概要
宝永4年(1707)10月4日14時前、大地震が起こり、家屋は倒壊した。また、山や崖も崩れ、地割れが起こった。宿毛では地震により大火事が発生した。土佐国内の被害家屋は全壊4,855軒、半壊1,742軒、地震による死者は100~50人となっている。津波は余震が断続している中で襲来した。津波の襲来回数は須崎12回、高知6~7回、宇佐3回と記録され、津波による死者は種崎で600~700人、宇佐で400人余、福島・渭浜で300人程、須崎で331人、久礼で165人などであった。
Googleマップ
参考文献
間城龍男「宝永大地震・大津波」(土佐史談会「土佐史談第224号」、2003年)、15-20頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 山崩れ 火災 津波 死者
NO.
高知316

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日14時前、大地震が起こり、家屋は倒壊した。また、山や崖も崩れ、地割れが起こった。宿毛では地震により大火事が発生した。土佐... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後0時30分頃、紀伊半島沖を震源とするM8.4の地震が起き、大津波が伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸及び大阪湾、瀬戸内... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後0時30分頃、紀伊半島沖を震源とするM8.4の地震が起き、大津波が伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸及び大阪湾、瀬戸内... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が襲来した。「聞出文盲下」には津波により「高知辺ハ久万、薊野、一宮、泰泉寺山の根迄一面の海と也。又... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時)、大地震が起こり、その後津波が襲来した。本書では以下の宝永地震津波碑に関する情報を掲載している。 ・須崎... 続きを読む