安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日~5日に東海、南海、西海にかけて、M8.4の大地震が起こり、大津波が押し寄せた。須崎の被害については、「徳永達助の記録」(平尾文庫)によると、家流失550軒、家汐入151軒、潰家95軒、半潰401軒、御普請所約2,420間、往還道約1,600間、本田約2,270石、新田約1,340石、船流失137隻、網流失67張、麦作530石、死者・不明男21人、女29人、合計50人であった。宝永南海地震の時よりも人的被害が少なくなっているが、これは宝永南海地震による教訓が生かされたためであると考えられる。
Googleマップ
参考画像
参考文献
香﨑和平「須崎における地震と津波」(土佐史談会「土佐史談第224号」、2003年)、49頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政地震 津波 徳永達助の記録 死者 教訓
NO.
高知321

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日~5日に東海、南海、西海にかけて、M8.4の大地震が起こり、大津波が押し寄せた。須崎の被害については、「徳永達助の記録」... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月5日の南海地震により、高知藩が幕府に提出した記録によると、土佐国の死者数は372人である。この報告では、高知藩の記録、「三災... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)、南海地震が発生した。海陽町宍喰に現存する古文書「震潮記」には安政南海地震による約1年間に及ぶ余震の記録が残されている。この研究で... 続きを読む