天保14年の洪水

災害年月日
1843年07月31日
市町村
徳島県板野郡
災害種類
風水害  
概要
天保14年(1843)7月5日、6日、昼夜大雨降りたまり1丈1尺となり、大洪水のため流家が多かった。その際、50年来の大水と言われた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
板野郡教育会編「板野郡誌」(板野郡教育会、1926年)、1407頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水
NO.
徳島3633

よく似た災害

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日、6日、昼夜大雨降りたまり1丈1尺となり、大洪水のため流家が多かった。その際、50年来の大水と言われた。 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日、6日昼夜大降雨、7日大洪水。吉野川では大洪水により流家が多く、50年来の大水と言われた。「七夕水」という。 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日から2日間、大豪雨のため、7日に大洪水となった。50年来の大水と言われ、流失家屋が多かった。(「板野郡史」による)これを... 続きを読む

天保14年の七夕水

天保14年(1843)7月5日、6日に洪水が襲い、「七夕水」と呼ばれた。50年来の大水と言われ、「川内村史」によれば、7日朝から翌朝までに、鮭の6尺桶... 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日~6日、2日間昼夜大豪雨のため、7日に大洪水となり、流出家屋多かった。50年来の大水であり、「七夕水」という。(「渭水聞... 続きを読む