嘉永2年の洪水

災害年月日
1849年08月00日
市町村
徳島県板野郡
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月、洪水により堤防が破損し、地上平均7尺に達し、流家は5、6軒に及んだ。稲毛の損傷は少なくなく、この年の収穫は平年の6歩位であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
板野郡教育会編「板野郡誌」(板野郡教育会、1926年)、1407頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 堤防破損
NO.
徳島3634

よく似た災害

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月、洪水により堤防が破損し、地上平均7尺に達し、流家は5、6軒に及んだ。稲毛の損傷は少なくなく、この年の収穫は平年の6歩位であっ... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、暴風雨により午後4時頃から10時頃まで最も激しい豪雨となった。特に南方山岳部の雨量が多く、大小諸川は氾濫して、堤防、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により島内の家屋、田畑の損傷は大であった。 続きを読む

嘉永2年の風雨

嘉永2年(1849)7月8日より10日にかけて大風雨となり、阿波全土で被害甚大。鮎喰川の堤防が13箇所にわたって決壊し、濁水は徳島城下に溢れ、多くの人... 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)8月、吉野川の洪水が発生。西中富で大豆40町歩平年の3分作。古城で米8町5反平年の半作、大豆30町歩平年の3分作。下庄で大豆42... 続きを読む