明治40年の洪水

災害年月日
1907年00月00日
市町村
徳島県板野郡
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)、連日の大降雨により吉野川が増水し、各所で堤防が決壊した。大津村では堤防決壊85箇所、延長2,825間に及び、大代のごく小区域を除いて全部浸水した。人家の浸水は座上4寸から4尺に達した。また潮水も浸水し、家屋の破損、諸器具の流失・浸水を招いた。最も大きな被害は稲作被害で、ほとんど皆無となり、租税収出上に及ぼす影響は甚大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
板野郡教育会編「板野郡誌」(板野郡教育会、1926年)、1415頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 大津村
NO.
徳島3645

よく似た災害

明治40年の洪水

明治40年(1907)、連日の大降雨により吉野川が増水し、各所で堤防が決壊した。大津村では堤防決壊85箇所、延長2,825間に及び、大代のごく小区域を... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)7月、稀有の洪水により、相当大きな被害があったが、記録がないので詳説することができない。ただし、洪水に伴う井堰堤防などの決壊、川... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、洪水のため、県下で死者114人、行方不明20人、家屋の全壊1,132戸などの大きな被害が出た。重信川でも大きな被害が出た。... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)、3回に及ぶ台風のため、大きな被害があった。6月19日、8月15日は台風の中心が県の西部を通過し、被害は軽傷1人、建物被害57戸... 続きを読む

明治32年の風雨

明治32年(1899)8月28日、大雨が降り、風が強かった。香川県では中央部で被害が最も大きく、河川の堤防決壊13箇所、破損90箇所に及んだ。被害は丸... 続きを読む