明治29年の台風

災害年月日
1896年09月11日
市町村
徳島県板野郡
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)9月11日、暴風雨のため、九ヶ村の堤防が大破損し、被害は稲毛で全村平均3歩5厘が白穂及び黒穂となり(見積もり反別228.5町余)、浸水田畑653町余、浸水宅地20町余、潰家8戸、半倒家20戸、堤防の欠所倒50余所等に及んだ。(板野郡調による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
板野郡教育会編「板野郡誌」(板野郡教育会、1926年)、1434-1435頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防破損
NO.
徳島3650

よく似た災害

明治29年の台風

明治29年(1896)9月11日、暴風雨のため、九ヶ村の堤防が大破損し、被害は稲毛で全村平均3歩5厘が白穂及び黒穂となり(見積もり反別228.5町余)... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、暴風雨により、一条村では洪水が吉野川筋で1丈5尺、宮川内谷川筋で8尺余となり、流死1人、潰家屋10棟、半潰家屋5棟、... 続きを読む

明治33年8月24日の水害

明治33年(1900)8月24日~25日の水害により、床上浸水住家50戸、浸水耕地519町、浸水宅地66町の被害が出た。 続きを読む

昭和57年の台風13号

昭和57年(1982)8月27日、台風13号により、床上浸水26戸、床下浸水88戸、浸水農地726ha、浸水宅地・その他41ha。(肱川の主な水の歴史... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、午後3時頃より降雨、4時頃北または東風となり、5時半頃南風に変じ強風大雨となり、6時西風に変ずると暴風雨となって、7... 続きを読む