嘉永2年の洪水

災害年月日
1849年08月00日
市町村
徳島県阿波市(吉野町)
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月、大洪水により、デルタ式の知恵島をはじめ、高畑・小笠辺は被害が特に大きかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
柿島村誌編集委員会編「柿島村史」(柿島村誌刊行会、1961年)、191頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 知恵島 高畑 小笠
NO.
徳島3676

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)、洪水により堤防、井堰など損害が特に大きかった。当時は災害復旧は、自力で行っていたので、被害箇所の復旧に多くの労力を要し、農家は... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)、松山領内で石手川をはじめ洪水の被害があった。 続きを読む

嘉永2年の阿呆水

嘉永2年(1849)7月8日から強風を伴って降り始めた大雨は、11日まで続いた。このため、吉野川、鮎喰川など主要な河川は至る所で決壊し、大洪水となった... 続きを読む

寛文10年の洪水

寛文10年(1670)6月、御荘に大洪水があり、田畑の被害が大きかった。 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、大きな被害を受けた。雨量は127ミリ(宮浦中学校調べ)で、宮浦明治川が午後5時30分に決壊し、新地地区... 続きを読む