明治38年の洪水

災害年月日
1905年00月00日
市町村
徳島県阿波市(吉野町)
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)、大洪水により、西条須賀の堤防が決壊し、四ツ屋の被害が甚大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
柿島村誌編集委員会編「柿島村史」(柿島村誌刊行会、1961年)、192頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 堤防決壊 四ツ屋
NO.
徳島3680

よく似た災害

明治15年の洪水

明治15年(1872)8月6日、出水により、特に中島方面の被害は甚大であった。湊屋前の堤防が決壊し、家屋が倒壊して死者が出た。 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月8日、9日、暴風雨により、吉野川大洪水。県西地方では「銅山川流れ」あり、県下農作物は3割2分の減収となった。阿波郡では日開谷... 続きを読む

明治17年8月26日の台風

明治17年(1884)8月26日、台風が九州、中国を横断し、日本海から東北に再上陸し、全国的に被害が甚大であった。徳島県では25日18時から暴風雨が激... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、東予、中予の被害が甚大で、明治期で最大の災害であった。宮窪町では大川流域の田畑の被害は多大であった。 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大洪水により物部川西岸にも被害があったが、東岸佐古村では父養寺字土居ノ下よりツバヤ間の堤防が決壊した。 続きを読む