明治44年の洪水

災害年月日
1911年00月00日
市町村
徳島県阿波市(吉野町)
災害種類
風水害  
概要
明治44年(1911)、大洪水により、知恵島小学校の校舎の窓枠に小舟が着いたほどで、西部を除き全村床上浸水の状態で、堤防の決壊を防止するため、非常警戒の半焼が連打された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
柿島村誌編集委員会編「柿島村史」(柿島村誌刊行会、1961年)、192頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 知恵島小学校 半焼の連打
NO.
徳島3681

よく似た災害

明治41年の洪水

明治41年(1908)8月10日、春日川の出水により、旧佐川町で床上浸水81戸、床下浸水47戸、水没田地68町歩、埋没高地3反5畝、山崩れ3箇所、橋梁... 続きを読む

昭和38年の台風2号

昭和38年(1963)6月2日~4日、台風2号により前線が活発になり、香川県内でも、大雨のため各地で溜池の堤防決壊を生じた。坂出市府中町の野峯池の決壊... 続きを読む

明治44年8月の洪水

明治44年(1911)8月16日、吉野川の増水2丈1尺となった。このため、浸水被害面積は田30町、畑298町、桑園54町など合計562町に及んだ。また... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日頃、南島・柳島の堤防が決壊し、中野島村が全村水没した。 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、低気圧による豪雨、洪水のため、被害が生じた。被害は、田の流失・埋没25町、浸水125町、畑の流失・埋没2町、浸水8町、... 続きを読む