大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月22日
市町村
徳島県阿波市(吉野町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日から24日まで、降り続き、大洪水となった。知恵島村の千田須賀北・中須賀・西知恵島及び柿原村の小笠等の堤防が数箇所で腹崩れや裾崩れを起こしたため、直ちに復旧の手続きを行ったが、年内に修繕には至らなかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
柿島村誌編集委員会編「柿島村史」(柿島村誌刊行会、1961年)、192-193頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 堤防破損 知恵島 柿原 修繕工事
NO.
徳島3682

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日、断続的な雨が数日間続き、22日夜に重信川、石手川は非常に出水して、23日暁には諸所で決壊し、余土、垣生で惨状を呈した。... 続きを読む

大正元年9月の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、県内では約40時間降雨が続いた。このため、河川は増水氾濫して大水害を起こし、人畜の死傷、田畑の流失... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)の寅の水は、台風による激しい風が数日続き、そのため那賀川の堤防が大きく決壊し、大洪水を引き起こしたものであった。 なお、名東郡井戸... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて300ミリ以上の豪雨があった。津田川の堤防は各所で破壊され、濁流は両岸より町中へ流れ込んだ。人畜の被害... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、昨日来の雨により、重信川、石手川の所々で決壊し、余土、垣生は惨状を呈する。南吉井村も牛淵の南堤防など数箇所で決壊し、田... 続きを読む