嘉永2年の風雨

災害年月日
1849年08月25日
市町村
徳島県阿波市(吉野町)
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月8日、4日間の大風雨により、阿波全土で被災。旧吉野川及び川田で破堤し、死者256人、流失家屋56戸、収穫は平年の6分となった。(「板野郡史」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉野町史編纂委員会編「吉野町史 下巻」(吉野町、1978年)、897頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 旧吉野川 破堤 死者 板野郡史
NO.
徳島3703

よく似た災害

嘉永2年の風雨

嘉永2年(1849)7月8日、四日間大風雨、阿波全土で被災、旧吉野川及び川田で破堤、死者256人、流失家屋56戸、収穫は平年の6分。(「板野郡史」によ... 続きを読む

嘉永2年の風雨

嘉永2年(1849)7月8日、四日間大風雨、阿波全土に被災、旧吉野川及び川田で破堤。死者256人、流失家屋56戸、収穫は平年の6分。(「板野郡史」、「... 続きを読む

嘉永2年の風雨

嘉永2年(1849)7月8日、大風雨により阿波全土で被災。大松、榎瀬、中島で破堤。板野郡では死者256人、流出家屋56戸、収穫は平年の6分。「阿呆水」... 続きを読む

嘉永2年の風雨

嘉永2年(1849)7月8日より10日にかけて大風雨となり、阿波全土で被害甚大。鮎喰川の堤防が13箇所にわたって決壊し、濁水は徳島城下に溢れ、多くの人... 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日~6日、昼夜の大降雨により、7日吉野川は大洪水となり(「七夕水」と呼んだ)、特に板野郡では50年来の大水となり流家多し。... 続きを読む