大正11年の火災

災害年月日
1922年00月00日
市町村
徳島県神山町
災害種類
火災  
概要
大正11年(1922)、石本で火災が発生し、8戸が焼失した。出火原因などは不明である。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上分上山村誌編集委員会編「上分上山村誌」(上分上山村誌編集委員会、1978年)、362頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 石本
NO.
徳島3930

よく似た災害

明治6年の火災

明治6年(1873)、一宇夫で火災が発生し、6戸が焼失した。原因や類焼棟数は不明である。 続きを読む

大正14年の火災

大正14年(1925)4月13日昼、田野の浜田から出火し、約60戸が焼失した。 続きを読む

大正11年の火災

大正11年(1922)1月6日夜、新町の映画館付近から出火し、同館が全焼、住家10戸が焼け、かます12万枚も焼失した。 続きを読む

昭和28年の火災

昭和28年(1953)10月19日早朝、落合下町から出火し、東豊永村村役場ほか12戸が全焼した。この役場の火事で、明治以来保存されてきた貴重な記録が焼... 続きを読む

昭和4年の火災

昭和4年(1929)2月1日夜、東浜で火事が起こり、58戸が焼失した。 続きを読む