昭和18年の水害

災害年月日
1943年06月14日
市町村
徳島県吉野川市(川島町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)6月14日、雨量は少なかったが、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も中間期のため、被害は少なかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川島町史編集委員会編「川島町史 下巻」(川島町、1982年)、255頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 土佐水 吉野川
NO.
徳島4007

よく似た災害

昭和18年の水害

昭和18年(1943)6月14日、県内の雨量は少なかったが、高知県方面の雨量が多く、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も... 続きを読む

昭和11年の水害

昭和11年(1936)10月1日~3日の雨により、吉野川が増水し、桑村の県道で5尺浸水、桑園も浸水した。気温は急に低下し、水稲は気温低下のため結実不良... 続きを読む

昭和11年10月の水害

昭和11年(1936)10月1日~3日の雨により、吉野川が増水し、桑村の県道で5尺浸水、桑園も浸水した。気温の急低下により、水稲は結実不良となった。 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日、台風16号により、昼過ぎから降り始めた雨は、夕方6時頃から4時間近くにわたって暴風雨となり、低地部に浸水し、収穫を目... 続きを読む

昭和3年8月18日の水害

昭和3年(1928)8月18日、17日から降り出した雨により、水位は桑村中須の県道上で5尺となり、床上浸水家屋は30戸に達した。桑葉は摘桑した直後で被... 続きを読む