宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1854)10月4日14時頃、四国沖と東海道沖の2つの地震が同時に発生したと考えられている。高知県の被害は流家11,170軒、全壊4,866軒、破損家1,742軒、死者1,844人に達した。流家が多いことは津波が非常に高かったことを示している。宝永地震については、奥宮正明の谷陵記、檜垣正治の末世可相考事、沢田弘列の万変記、柏井正明の柏井難行録、外山氏の宝永地震記のほか、各地に旧記が残されている。武藤到和の南路志や吉村春峰の土佐国群書類従には多くの地震記が集められている。
Googleマップ
参考文献
間城龍男著「南海地震津波-土佐-」(土佐津波の会、1983年)、20-21頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
宝永地震 津波 死者
NO.
高知364

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日14時頃、四国沖と東海道沖の2つの地震が同時に発生したと考えられている。高知県の被害は流家11,170軒、全壊4,866... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)の地震により、足摺岬周辺は沈降したことが示されている。この報告では、足摺岬について、史料及び隆起生物遺骸の調査を行い、1707年宝... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。須崎市糺町の宝永津浪溺死之塚には、溺死者400人余と記されている。また、須崎八幡宮の木札には、宝永地震... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。須崎市糺町の宝永津浪溺死之塚には、溺死者400人余と記されている。また、須崎八幡宮の木札には、宝永地震... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海地方から九州東部に至る間で大地震が発生した。四国沖と東海道沖の2つの地震が同時に発生したとも考えられている。高知県... 続きを読む