昭和13年7月3日の大雨

災害年月日
1938年07月03日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)7月3日から5日に、梅雨末期の豪雨のため大降りし、山地では2日間に250~300ミリに達した(出原460ミリ、朴野408ミリ)。風もかなり強く(徳島で4日に南南東16.1m)、各所で風水害を出した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、86頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 風水害
NO.
徳島4758

よく似た災害

昭和13年7月3日の大雨

昭和13年(1938)7月3日から5日に、梅雨末期の豪雨のため大降りし、山地では2日間に250~300ミリに達した(出原460ミリ、朴野408ミリ)。... 続きを読む

昭和13年7月3日の大雨

昭和13年(1938)7月3日から5日に、梅雨末期の豪雨のため大降りし、山地では2日間に250~300ミリに達した(出原460ミリ、朴野408ミリ)。... 続きを読む

昭和6年の台風

昭和6年(1931)9月26日、台風、洪水。朴野で降雨量320ミリに達した。 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月26日、台風。朴野で日雨量280ミリに達した。 続きを読む

昭和10年の豪雨

昭和10年(1935)6月25日より降雨となっていたが、27日に低気圧の衝突により西日本は連続大雨となり、愛媛県でもかなりの水害を受けた。総降水量は南... 続きを読む