昭和63年7月の落雷

災害年月日
1988年07月13日
市町村
徳島県
災害種類
その他(落雷)  
概要
昭和63年(1988)7月13日、梅雨前線が徳島県を横切ったため、大気が不安定となり雷が発生した。2時40分頃、藍住町で配電盤に落雷し、藍住町や板野町などで約900戸が停電した。また、9時56分には徳島市国府町と応神町を結ぶ送電線に落雷し、徳島市西部を中心に約34,000戸が停電した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、331頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
落雷 梅雨前線 停電
NO.
徳島4937

よく似た災害

昭和57年7月の落雷

昭和57年(1982)7月29日、梅雨明け直後に積乱雲が発達して各地で発雷し、落雷による被害が多発した。四国電力徳島営業所の調べによると、18時5分頃... 続きを読む

昭和57年9月の落雷

昭和57年(1982)9月20日、寒冷前線の通過により、徳島市では夕方に激しい雷が発生し、17時10分頃に徳島駅構内に落雷した。このため、列車上下7本... 続きを読む

昭和57年8月の落雷

昭和57年(1982)8月9日14時頃、徳島市内を中心に激しい雷雨があり、高圧線トランス等に落雷した。徳島市内では6,800戸が停電し、信号機17箇所... 続きを読む

平成3年6月の落雷

平成3年(1991)6月17日、梅雨前線の南下で大気が不安定となり、雷の発生や落雷があった。15時50分頃、徳島市と石井町で落雷のため合計2,900戸... 続きを読む

昭和62年8月の落雷

昭和62年(1987)8月25日15時50分頃、前線が四国地方を通過し、雷が多発した。雷は16時過ぎに最盛期となり、各地で落雷があった。16時15分頃... 続きを読む