昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、M8.0の地震が発生した。阿南市橘町では、地震後約30分で津波の第一波が押し寄せ、その約20分後に津波高3.4mの第二波が襲来したと伝えられている。また、牟岐町では、役場付近の家は大破し、4隻の大きな船が堤防に乗り上げ、海水が街中に氾濫した。さらに海南町浅川では、津波の高さは4.7mに達し、多くの家屋が流失、全半壊の被害を受けた。(「徳島県自然災害誌」による)本書には南海地震を体験された方々の体験談、県内の地震・津波碑などが掲載されている。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「あの惨況を忘れない 昭和南海地震聞き取り調査」(徳島地方気象台、2006年)、2-38頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
昭和南海地震 津波 徳島県自然災害誌 体験談
NO.
徳島237

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時18分、室戸岬の東南東100kmの海底でM8.0の地震が起こり、津波が襲来した。津波は2時間半の間に6回襲来... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時18分、室戸岬の東南東100kmの海底でM8.0の地震が起こり、津波が襲来した。津波は2時間半の間に6回襲来... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島南西沖を震源とする南海大地震が発生した。地震後10分余で津波の第一波が襲来し、15分~20分... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、潮岬の南50kmの地点で大地震が起こり、津波により被害が大きかった。橘町では地震後30分ほどで津波の第... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、潮岬の南50kmの地点で大地震が起こり、津波により被害が大きかった。橘町では地震後30分ほどで津波の第... 続きを読む