慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日未亥の刻、大海が三度鳴った後、大潮が繰り返し起こり、その高さは10丈(30m)に達した。7度に及ぶ大潮のため、男女100余人が海の底に沈んだ。鞆浦には慶長地震津波記念碑が建立されている。
Googleマップ
備考
鞆浦には慶長地震津波記念碑が建立されている。
参考画像

参考文献
中川健次著「南海道地震津波 阪神・淡路大震災 被災地からのメッセージ」(中川健次、2002年)、80-83頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
慶長地震 津波 死者 石碑
NO.
徳島241

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)、大地震・大津波。鞆浦北町の路傍にある高さ1丈、径1.2~1.8丈の砂岩の碑文が刻まれている。碑文には、慶長9年12月16日亥の刻... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)、大地震・大津波。鞆浦北町の路傍にある高さ1丈、径1.2~1.8丈の砂岩の碑文が刻まれている。碑文には、慶長9年12月16日亥の刻... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。鞆浦北町の大岩記には、亥の刻(午後10時)に大海三度鳴り、高さ10丈の逆浪が7度来たため、男女100... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日未亥の刻、海部郡鞆奥は月が空に冴え渡り、木々にそよぐ風は肌寒い夜であった。海鳴が頻りに轟いて、人々が何事かと恐怖の中に... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が発生し、阿波国は大きな被害を受けた。特に海部郡の被害は甚大であった。「鞆浦大岩の碑文」には、高さ10丈の津波が... 続きを読む