安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日午前9時、中揺りの地震が二度あり、潮が河の中ほどまで三度入ってきた。夜10時頃、中揺りの地震が一度あった。翌5日午後5時、大地震が起こり、地面が裂け、泥水を吹き上げ、井戸水は1尺~3尺程も吹くなどした。家々の軒は落ち、瓦は飛び、壁は落ち、家は潰れた。間もなく潮が三度来た。愛宕山に逃げ上ったのは572人であった。宍喰浦の被害は家屋の流失141軒、潰家35軒、潮入傷み80軒、流死8人(男5人、女3人)等であった。
Googleマップ
備考
宍喰の愛宕山は現在も津波避難場所になっている。
参考画像

参考文献
田井晴代訳「震潮記」(田井晴代、2006年)、47-103頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
安政地震 津波 愛宕山 死者
NO.
徳島245

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前10時、地震が起こり、それより潮がくるい始めた。翌5日午後4時、大地震が起こり、間もなく潮が来た。「嘉永大変記以後追... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前10時、地震が起こり、それより潮がくるい始めた。翌5日午後4時、大地震が起こり、間もなく潮が来た。「嘉永大変記以後追... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日昼8ツ時より揺り始め、5日昼8ツ半頃より大地震となり、飛ぶ鳥も落ちんばかりであったと伝えられている。村人は大地震に驚き、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日昼8ツ時より揺り始め、5日昼8ツ半頃より大地震となり、飛ぶ鳥も落ちんばかりであったと伝えられている。村人は大地震に驚き、... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日辰刻(午前8時)、地震が発生したが、岸本浦の地曳網が流されたり、夜須浜で潮の変調が感じられる程度であった。翌5日七ツ時(... 続きを読む