昭和20年の火災

災害年月日
1945年01月29日
市町村
徳島県つるぎ町(貞光町)
災害種類
火災  
概要
昭和20年(1945)1月29日夜、美馬郡貞光町の真光寺本堂から出火し、本堂が全焼した。この火事で、当時、同寺本堂に疎開していた大阪市大正区の南恩加国民学校3年生の児童30人のうち16人が焼死した。
Googleマップ
備考
真光寺には十六地蔵尊が建立されている。また、貞光小学校には、平成17年に南恩加島小学校から寄贈された「十六地蔵尊に由来する平和を願う鐘」が建立されている。
参考画像

参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、1155頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 貞光町 真光寺 南恩加国民学校 焼死
NO.
徳島5228

よく似た災害

昭和20年の真光寺の火災

image

昭和20年(1945)1月29日夜8時、真光寺本堂で火災が発生した。この火災で、疎開中の大阪市北区南恩加島国民学校3・4年生29人中、16人が焼死した... 続きを読む

昭和20年の真光寺の火災

image

昭和20年(1945)1月29日、貞光町の真光寺で火災が発生し、大阪から疎開していた児童15人が焼死。 続きを読む

天明8年の火災

天明8年(1788)、火災により、上ノ加江浦分が全焼した。孫之丞焼と言われている。浦分庄屋をしていた大谷氏が罹災民に補米をして急場を救い、藩から褒賞せ... 続きを読む

昭和57年の五瀬山の火災

昭和57年(1982)3月28日午前11時20分頃、五瀬山山頂付近から出火し、異常乾燥注意報発令中の状況下で火は燃え広がった。消防車15台を出して消火... 続きを読む

昭和19年の火災

昭和19年(1944)6月11日午前1時半頃、馬路村で出火。深夜で水利の便悪く、馬路国民学校ほか41戸が全焼。(高知新聞による) 続きを読む