宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
地震・津波  火災  
概要
宝永4年(1707)10月4日巳の下刻(午前11時)より午の下刻(午後1時)まで大地震で、地大いに震い地割れ、ややあって大潮が来た。鞆浦では潮の高さは1丈余で、多善寺で6、7歳位のことであり、善祥寺付近では座上1尺位であったため、鞆浦では家屋の損害や怪我人もなかった。しかし、火災が3度発生し、谷町で3軒焼失した。この時、宍喰では死者11人、浅川浦では死者170余人、牟岐両浦では死者100人余で、いずれの地でも家は一軒もなかった。(牟岐東浦の津田屋喜右衛門「地震津浪嘉永録」による)
Googleマップ
参考文献
猪井達雄「地震津浪嘉永録」(阿波学会編「総合学術調査報告 牟岐町」徳島県立図書館、1977年、所収)、266-267頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 津波 火災 死者 地震津浪嘉永録
NO.
徳島259

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こり、その夜半津波が起こった。甲浦では死者350余人、野根には潮が入らなかった。佐喜浜では死者50余人、岬... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震により、海部郡に海嘯が来襲した。宍喰浦旧記によると、10月4日巳下刻に大地震があり、人々が愛宕山に逃げ上っていると... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が発生した。「宍喰浦旧記」には、巳下刻(午前10時30分頃)、大地震が発生し、人々があわてて愛宕山逃げ上ったところ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の上刻(午後2時頃)、大地震が発生した。世に亥の大変という。地震により土佐国中の官舎、民屋が悉く転倒した。また、山間部... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震・津波により、内陸部では地震で、沿岸部では津波で多くの死者を出した。徳島県では、宍喰で11人が流死し、浅... 続きを読む