天正12年の地震

災害年月日
1584年12月30日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
天正12年(1584)11月29日、地おおいに震い、年を踰えて止まず、地の裂けるところ数箇所。(「阿波志」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第2巻」(徳島県、1966年)、356-357頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 阿波志
NO.
徳島270

よく似た災害

天正12年の地震

天正12年(1584)11月29日、蜂須賀入部の前年大いに震い、年をこえても止まず地の裂ける所あり。(「阿波志」による) 続きを読む

天正12年の地震

天正12年(1584)11月29日、阿波国中大地震、土地の裂けること数箇所。(「阿波志」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという... 続きを読む

天平6年の地震

天平6年(734)4月、大地震。阿波志は「家がこわれて圧死する者多く、山はくずれて川をふさぎ、地の裂けるもの数えきれない」と伝えている。 続きを読む

天正12年の地震

天正12年(1584)11月29日、大地震起こり、年を越えても止まなかった。(神恵院蔵の「弘化録」による) 続きを読む

天正12年の地震

天正12年(1584)11月29日、大地震起こり、年を越えても止まなかった。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む