明治25年の地震

災害年月日
1892年00月00日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
明治25年(1892)、地震、津波があり、富岡町付近では床上約5尺の浸水があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第5巻」(徳島県、1966年)、571頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 津波 富岡町
NO.
徳島278

よく似た災害

明治25年の地震

明治25年(1892)、地震、津波があり、富岡町付近では床上約5尺の浸水があった。 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日、チリ地震による津波が襲来した。この津波は突然だったので、大きな被害をもたらした。橘町では床上浸水774戸、流失家屋6... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、暴風雨があり、海岸地帯に津波が押し寄せた。丸亀地方では、水害よりも風害の方が大きかった。家屋の倒壊、浸水が多く、漁船... 続きを読む

明治40年の地震

明治40年(1907)8月7日、豊予海峡を震源とする震度4の地震があり、西宇和郡で強震被害があった。 続きを読む

明治36年の地震

明治36年(1903)3月21日、伊予灘を震源とするM7.0の地震により、大洲付近で落石があった。 続きを読む