仁和3年の地震

災害年月日
0887年08月22日
市町村
徳島県板野町
災害種類
地震・津波  
概要
仁和3年(887)7月30日、M8.0~8.5の地震。板野町の川端遺跡より噴砂の跡。
Googleマップ
参考文献
徳島経済同友会・香川経済同友会・愛媛経済同友会・土佐経済同友会ほか編「南海地震に係る調査報告書」(徳島経済同友会・香川経済同友会・愛媛経済同友会・土佐経済同友会ほか、2009年)、12頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
仁和地震 川端遺跡 墳砂
NO.
徳島291

よく似た災害

明応7年の地震

明応7年(1498)8月25日、地震。中島田遺跡(徳島市)及び宮ノ前・古城遺跡(徳島板野)の発掘調査の墳砂の跡より年代推定。 続きを読む

明応7年の地震

明応7年(1498)8月25日、地震。アゾノ・船戸遺跡(高知中村)の発掘調査の墳砂の跡より年代推定。 続きを読む

明応7年の地震

明応7年(1498)8月25日、地震。アゾノ・船戸遺跡(高知中村)の発掘調査の墳砂の跡より年代推定。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、五畿七道で地震。(「日本の地震活動」による) 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、M8.6の地震が発生した。この地震は、京都付近の寺社家屋の被害状況から、南海地震の中で最大の地震と推定され、宝永... 続きを読む